渋沢栄一の経歴・どんな人?論語と算盤!ノーベル平和賞候補にも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

お札が刷新されることが発表されました。

紙幣の肖像画が変わることになります!

新1万円札には渋沢栄一が採用されることになります。

  • 渋沢栄一ってどんな人?
  • 渋沢栄一の経歴は?
  • 渋沢栄一の業績は?
  • 渋沢栄一の論語と算盤とは?

気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

渋沢栄一が新1万円札に!

政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入りました。

⇒⇒⇒5千円札|津田梅子の経歴・留学や岩倉使節団!生涯独身を貫いた理由

⇒⇒⇒新紙幣は誰がどうやって決めるの?選び方・発効予定はいつから?

1万円札は実業家の渋沢栄一が採用されることになります。

1万円札は、1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更になるのです。

最新の偽造防止技術を紙幣に反映させることが目的です。

平成から令和への元号の改元に伴って、紙幣も全面的に交代することになります。

スポンサーリンク

渋沢栄一のプロフィール!

  • 名前:渋沢栄一
  • 生年月日:1840年3月16日(天保11年2月13日)
  • 出身地:武蔵国血洗島(現在の埼玉県深谷市血洗島)
  • 江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての武士、官僚、実業家

1931年11月11日に92歳で亡くなっています。

渋沢栄一さんは日本の資本主義の父とされて、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)や東京証券取引所など数多くの企業を創立しました。

生涯の間に500余りの会社を設立しました。

あのドラッガーも著書の中で渋沢栄一さんを称賛していました。

それほど渋沢栄一さんはすごい人なのです!

スポンサーリンク

渋沢栄一の経歴!

  • 1840年 武蔵国で生まれる(幼名は栄二郎)
  • 1863年 尊王攘夷派の人たちと交流があり、倒幕運動を企てたのですが、倒幕計画を中止しています。
  • 1864年 一橋慶喜(後の徳川慶喜)に仕えます。
  • 1867年 パリ博使節団としてフランスへ

パリ万博を視察したり、先進的な産業などに感銘を受けています。

  • 1868年 明治維新後に日本へ帰国
  • 1869年 静岡に商法会所を設立する。

この商法会所が明治政府の目に留まったことから、明治新政府に仕えます。

渋沢栄一は大隈重信に説得されて、大蔵省に入省しています。

  • 1873年 大蔵省を辞めて実業界へ転身。第一国立銀行(現在のみずほ銀行)を設立
  • 1875年 第一国立銀行(現在のみずほ銀行)の頭取になります。

商法講習所(現在の一橋大学)を設立。

  • 1876年 東京府養育院院長になります。
  • 1901年 日本女子大学校(現在の日本女子大学)を開校します。
  • 1916年 実業界を引退します。
  • 1926年と1927年 ノーベル平和賞の候補
  • 1931年 死去(92歳)

渋沢栄一さんは、生涯の業績や実績が多すぎて簡単にはまとめきれません!

それくらい偉大な人物なのです!

スポンサーリンク

渋沢栄一は500もの企業を設立に関わる!

渋沢栄一さんは日本の資本主義の父とされて、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)や東京証券取引所など数多くの企業を創立しました。

  • 第一国立銀行(現在のみずほ銀行)
  • 東京証券取引所
  • 東京手形交換所
  • 東京瓦斯(現在の東京ガス)
  • 東京海上保険会社(現在の東京海上日動)

bankを「銀行」と訳したのも渋沢栄一であったといわれています。

渋沢栄一は、生涯の間に500余りの会社の設立に関わっているのです。

スポンサーリンク

渋沢栄一の論語と算盤とは!

渋沢栄一は、道徳を「論語」、経済を「算盤」に例えて、その2つを合致させるのが重要であると説いています。

自分の利益と他社の利益を調和させるというのが「道徳経済合一説」というのです。

道徳と経済を調和させる」という考えは渋沢栄一が生涯を通じて貫いた経営哲学です。

根尾昂はこの「論語と算盤」を読んでいて、愛読書であることを明かしていました。

⇒⇒⇒根尾昂は読書家!愛読書・本は?両親の文武両道の教育方針とは

アメリカメジャーリーグで活躍している大谷翔平のこの「論語と算盤」を読んでいるといわれています。

スポンサーリンク

渋沢栄一はノーベル平和賞の候補になっていた!

渋沢栄一は、1926年と1927年の2回もノーベル平和賞の候補になっていました。

日本とアメリカとの関係を良くしようと活動していたためでした。

渋沢栄一は教育活動・社会活動にも尽力!

渋沢栄一は、教育活動や社会活動にも尽力していました。

商法講習所(現在の一橋大学)の設立にも携わっています。この商法講習所は実業界で活躍できる人材を育てるために造られた日本で初めての教育機関であるといわれています。

日本女子大学校(現在の日本女子大学)の設立にも携わり、女性の教育を推進しています。

  • 日本慈恵会
  • 日本赤十字社

これらの設立にも関わっています。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.