【食費の節約】りんごの大量消費の簡単レパートリー、バリエーション

2019/01/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

りんごを大にいただきました!

こんなにたくさん。

そのまま食べてもシャキシャキした食感でとてもおいしいりんご。

そのまま食べる方法以外にもたくさんのレパートリーがあります。

アップルパイやジャムなど加熱してもとても美味しく食べることができます。

工夫次第でさまざまな美味しい食べ方で楽しむことができます。

そこでりんごを使ったレシピ、りんごの大量消費のレパートリーを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

リンゴの栄養

まずは、リンゴの栄養について。

イギリスのことわざで「1日1個のりんごは医者を遠ざける」

というものがあります。

  • リンゴポリフェノール リンゴの皮と、皮と実の部分に、りんごの実の部分以上に特に豊富な栄養がつまっています。
  • ペクチン
  • ビタミンC
  • セルロース

わたしは、家に大量のりんごがあるときは、毎日朝食にりんごを食べる習慣があります。

朝食に毎日りんごを食べていると、わたしは朝の目覚めがよくてスッキリとします。

スポンサーリンク

リンゴの歴史

りんごは青森県など寒い地方で多く生産されています。

秋ごろから収穫が始まり、旬を迎えます。バラ科リンゴ属です。

 

りんごも保管方法としては、寒い地域で生産されていることからわかるように、寒いところでの保管が適しています。

暖房のついた暖かい部屋で保管していると傷んでしまうことがありますので、0℃~5℃の寒いところで保管するのがベターです。

 

りんごはたくさんの種類があります。世界では約15,000種もあります。日本では約2,000が栽培されています。

代表的なりんごの種類

りんごには数多くの種類があります。その中でもメジャーなりんごを紹介します。

ふじ 

日本国内の生産量1位の種類。ポピュラーで一番代表的な種類。シャキシャキした食感で甘さと酸味がバランスよく楽しめます。

ふじは一番メジャーなりんごですね。わたしもこのふじを一番よく食べます。

つがる 

甘みが強く、酸味はほとんど感じません。生産量はふじに次いで2位の人気です。

ジョナゴールド 

酸味が強く甘みもあります。

王林 

りんごの中の王様が名前の由来。色は黄色っぽいです。

紅玉 

アメリカ原産の種類です。酸味が強く、甘酸っぱい。色は濃い紅色。アップルパイを作るにも最適。お菓子など料理用として使うのが好まれていて人気が高いです。

 

スポンサーリンク

簡単リンゴ料理のレパートリー

りんごを工夫して料理することで、料理のレパートリーが増えます。そして食費の節約にもつながります。

 

そのまま食べる・皮のまま食べる 

まずは王道。そのまま食べてみましょう。

わたしはアップルピーラーを使って皮をむいています。そのあと100均で買ったりんごカッターで芯を抜いて8等分にカットします。そうするとあっという間にりんごが食べられます。

便利グッズを使うことで、簡単に時短ができます。りんごはそのまま食べるとシャキシャキ感がくせになりますよね。

りんごのコンポート 

ヨーロッパで古くから伝わるリンゴの保存方法です。

りんごを8等分にカットして、お砂糖とレモンで煮詰めます。このりんごのコンポートはアップルパイを作るときに使えます。また、ヨーグルトにのせて食べるのも使えます。

それ以外にもホットケーキに添えたり、バニラアイスに添えたりいろんな使い方があります。

りんごヨーグルト 

りんごをすりおろすか、小さめにカットしてヨーグルトの上にのせます。朝食に最適な食べ方です。

このりんごヨーグルトにはちみつをたっぷりかけてもとてもおいしく食べることができるのでオススメです。

りんごジャム 

りんごを小さめにカットして、お砂糖で煮詰めます。りんごジャムは、パンにのせて食べるのが王道です。

その他に、ヨーグルトにのせて食べたり、お菓子作りをするときに活用するなど、とても便利です。

りんごとセロリのサラダ 

りんごを小さめにカット。細目にカットしたセロリとマヨネーズで和えれば完成。あと1品なにかほしいなあというときに使えます。

ホットケーキミックスを使った簡単リンゴケーキ

ホットケーキミックスの生地に小さめに角切りにしたりんごを混ぜます。そして炊飯器で焼くと簡単にリンゴケーキが完成します。

アップルパイ 

スーパーなどで売っている冷凍パイシートを使うと簡単です。上記のりんごのコンポートを使うと便利です。りんごのコンポートを冷凍パイシートで包みます。そして余熱したオーブンで焼くと香ばしいアップルパイができます。

りんごジュース 

りんごは時間が経つとやわらかくなってきてしまったり、少し傷んでしまうことがあります。

その時はジューサーを使ってリンゴジュースにします。最後まで有効に活用しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

りんごを大量にもらったとき、りんごを工夫して料理することで食費の節約にもつながります。

りんごは知れば知るほど奥が深く、りんごを使ったレパートリーは簡単に作ることが出来そうです。まずは、簡単に作れるものから、できることから始めていきましょう。

りんごを活用して少しでも生活を豊かにしていきたいものです。

食費節約のために1日1個りんごを食べることを目標にしていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2018 All Rights Reserved.