銀行はブラック企業?強制的に職場結婚?ブラックすぎて辞めたい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

わたしは元銀行員で、10年銀行に勤めていました。最近は「銀行を辞めたい」という相談もちょいちょいあります。

結論から言うと、「銀行を辞めたいなら、さっさと辞めるべき」です。

そして銀行はブラックなの?と聞かれたら迷わず答えます。

「はい、ブラックです。」

  • 銀行はブラックすぎて不気味?
  • 銀行を辞めたいならさっさと辞めるべき?
  • 銀行員は強制的に職場結婚させられる?

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

銀行はブラック企業?ブラックすぎて辞めたい!同調圧力が強い

銀行員は基本的には、思考がとても古くさくて、古くさい体質のオッサンがとても多いのが特徴です。

銀行にいると「これが普通なのかな?」と勘違いしてしまうかもしれません。

実際、銀行員は銀行の狭いコミュニティの中のことしかわかりません。

でも、銀行を辞めてみてわかることがたくさんあります。

銀行は軍隊みたいで不気味だし、辞めてみてわかりますが同調圧力がものすごく強いので「みーんな一緒」で「みーんな同じ」で正直気持ち悪いです。笑

そして銀行はどっかの宗教みたいでとても不気味です。無意味に洗脳されないように気をつけましょう。笑

っていうか、銀行に洗脳される前に、辞めたいならさっさと見切りをつけて早めにやめましょう。

スポンサーリンク

銀行はブラック企業?ブラックすぎて辞めたい!無駄に体育会系!

銀行は典型的な年功序列がとてもはっきりとしている組織ともいえます。

仕事ができないオッサンでも出世します。歳をとれば男性なら誰でも出世しています。

銀行員は、口だけ達者で仕事ができない人がたくさんいます。

わかりやすくいえば「上のいうことは絶対」です。

上司の失敗は部下の失敗にさせられます。そして部下の手柄は上司のものになります。

半沢直樹」と言うドラマでもこのようなシーンが出てきましたよね!

ホント、やってられません!

40代くらいのオッサンは家族を抱えて、さらに住宅ローンを抱えてブラック企業である銀行に必死にしがみついています。

昭和の時代のような古くさくて無駄に体育会系です。この銀行の閉鎖的な性質は、合わない人は全く合わないでしょうね。

わたしはこの銀行の古くさくて無駄に体育会系の雰囲気が全く合いませんでした。

まあ、合う人はいないでしょうけどね・・・

スポンサーリンク

銀行はブラック企業?ブラックすぎて辞めたい!強制的に職場結婚?

社会人になると忙しいせいもあって、出会いが限られてきますよね。学生時代からお付き合いしている人がいればいいですけど。

銀行員は職場結婚率が異常に高いのです。気持ち悪いほど、職場結婚が多いです。なぜなら選択肢が他になくなっていってしまうからです。

銀行は古くさくて時代遅れなので「独身は半人前!」とか「銀行員は結婚してなんぼ!」

このようねアホな考えが未だにはびこっています。いまどきバカみたいな話ですが実際にあるのです。

銀行の上司は必ずと言っていいほど、部下に「早く結婚しろ」といいます。

銀行員の結婚後の典型的なライフプラン

  1. 結婚する
  2. 子供が産まれる
  3. マイカーローンで車を買う
  4. 住宅ローンで新築の家を建てる

このような流れが一般的です。銀行員は結婚後、必ずといっていいほど住宅ローンで新築の家を建てます。

住宅ローンで家を建てると借金が3000万円とか4000万円になりますよね。

それだけの借金があればそう簡単には銀行を辞めることはできなくなります

銀行のオッサンたちが結婚をしつこく勧める目的はそこですね。

銀行をそう簡単に辞めさせないために銀行のオッサンたちは部下にしつこいほど結婚を勧めてくるのです。

住宅ローンによって銀行員を銀行に縛りつけて、銀行を簡単に辞めないようにしているのです。

わたしは他の銀行員たちを「かわいそうにな・・・」と思いながらみていました。

 

スポンサーリンク

銀行はブラック企業?ブラックすぎて辞めたい!銀行員の末路!

住宅ローンで銀行にガッチガチに縛りつけられている銀行員はホントかわいそうとしか言いようがありませんね。

しかも、最近はAIとかシステムが導入されていて銀行員の仕事自体がどんどんなくなってきています。

メガバンクでは数万人規模でのリストラ・人員削減がされる予定ですしね。

銀行自体、将来安泰ではなくなってきています。

同調圧力によって周りに合わせてきていた大半の銀行員は窮地に追い込まれるかもしれないですね。

て言うか、もう相当追い込まれている銀行員もいるのかもしれませんね。

銀行にしがみついていても、将来はありません。

人生100年時代といわれているので、銀行員以外の他の人生を考えてみるのもいいのではないかと思います。

ブラック企業である銀行の周りの人たちに合わせていても意味がありませんね。

わたしは10年勤めていた銀行を辞めて正解でした。自分の人生ですから自分で決めたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.