カルロスゴーンは何をした?お金の流れの真相!わかりやすく!

2019/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

カルロスゴーンのニュースが連日取り上げられています。元銀行員の視点からカルロスゴーンの事件の真相について書きました。

  • カルロスゴーンって結局何をしたの?
  • カルロスゴーンが何をしたのか今さら聞けない!
  • カルロスゴーンのお金の流れは?
  • カルロスゴーンのお金の流れはなぜわかりにくい?

気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

カルロスゴーンが4度目の逮捕!何をした!

カルロスゴーンがまたまた逮捕されました。これで4度目の逮捕となりますね。

  • 1回目の逮捕 2018年11月19日 金融商品取引法違反の疑い
  • 2回目の逮捕 2018年12月10日 金融商品取引法違反の疑い
  • 3回目の逮捕 2018年12月21日 特別背任の疑い
  • 4回目の逮捕 2019年4月4日  特別背任の疑い

スポンサーリンク

カルロスゴーンは何をしたの?①金融商品取引法違反!

カルロスゴーンが何をしたのかというと大きく分けて2つあります。

まず1つ目が金融商品取引法違反です。

カルロスゴーンが実際よりも少ない役員報酬を有価証券報告書に記載していたということです。これが有価証券報告書の虚偽記載です。

なぜ実際よりも役員報酬を少なく記載したかというと、税金(所得税など)を安くするためですね。

カルロスゴーン1度目の逮捕

カルロスゴーンは2011年3月から2015年3月の4年間という長い期間にわたって約50億円も少なく申告していたといわれていて約15億円もの税金を脱税していたのではないかという疑いがあるのです。

15億円も脱税って・・・まったく想像すらできませんし、未知の世界です。

グレッグ・ケリーも金融商品取引法違反で逮捕されていましたね。

カルロスゴーン2度目の逮捕

カルロスゴーンは2018年3月までの直近3年間に有価証券報告書に報酬を約40億円少なく記載した疑いがあって再逮捕されました。

カルロスゴーンとグレッグ・ケリー代表取締役が長年の間、何年にもわたって役員報酬を過少申告していたという内部告発があったといわれていますね。

スポンサーリンク

カルロスゴーンは何をしたの?②特別背任罪

2つ目が特別背任罪です。

カルロスゴーンは私的な投資で生じた損失を、日産のお金から補填するなどして会社に損害を与えたとされていますね。いわゆる会社の私物化です。

カルロスゴーン3度目の逮捕

2008年にカルロスゴーンの私的な投資で生じた約18億5000万円の損失を、日産に付け替えたというものです。

カルロスゴーンは、自分の資産管理会社と銀行の間で通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引を契約していたのですが、多額の損失が発生したのです。

契約の権利を資産管理会社から日産に移して、約18億5000万円の評価損を負担する義務を日産に負わせた疑いがあるのです。

そしてさらに、この取引に協力したサウジアラビア人の会社に、日産の子会社から約16億円を振り込ませたという疑いがかけられています。

2008年といえばリーマンショックがあった年ですね。多くの投資家が投資で損失を被ったとされていますね。

あのカルロスゴーンでも投資に失敗してしまうことがあるのですね。

カルロスゴーン4度目の逮捕

カルロスゴーンは、中東・オマーンの販売代理店側に支出された日産の資金を不正に流用した疑いがあります。

オマーン・ルートと呼ばれているのはこれですね。

2012年~2018年までで合計で約35億円に上るといわれています。

そして、日産自動車から資産を移動させて、いろんな会社にお金を回して、最終的に大型クルーザーを16億円で購入したという疑いもあります。

スポンサーリンク

カルロスゴーンは何をしたの?お金の流れの真相!

カルロスゴーンはブラジル生まれ、レバノン育ちです。そのためブラジルとレバノンの「二重国籍」でした。

さらにルノーの重役に就任するためにフランス国籍も取得しているのです。

そして、税金の安いオランダに住所を置いているとも報じられました。タックスヘイブンということなのでしょうかね。

カルロスゴーンはアラビア語フランス語英語スペイン語ポルトガル語の5言語を話すことができるマルチリンガルです。

もちろん日本にも自宅があります。

サウジアラビア人の知人の会社に不正にお金を渡した疑惑もあります。

⇒⇒⇒カルロスゴーンの海外の自宅の場所はどこ?どんな感じなの?

カルロスゴーンはもはやグローバルすぎて、お金が世界中をぐるぐる回っているので、お金の流れを把握するのはとても難しいのです。

カルロスゴーンのお金の流れはまるで資金洗浄ではないかということさえいわれています。

というか、まさにそうなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

カルロスゴーンは何をしたの?わかりやすく!

カルロスゴーンの事件については、不正の疑惑が全世界にまたがっているためとてもわかりにくくなっています。

世界中のいろいろな国の場所をグルグルと回るお金の流れを完全に把握することはとても難しいのです。

だからこのカルロスゴーンの事件はとてもわかりにくくなってしまっているのです。

元銀行員の立場から考えてみると、これだけ大きい金額の海外送金は一人だけではできないと思いますけどね。

銀行で海外送金をするのもマネロン防止のために年々いろいろと規制とかも厳しくなってきていますしね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.