新天皇即位|一般参賀の行き方!アクセス・混雑状況・トイレ・何時に並ぶ?

2019/05/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

2019年5月1日新天皇が即位されました。そして令和の時代が始まりましたね!

2019年5月4日には新天皇即位の一般参賀が行われます。

  • 新天皇即位の一般参賀の行き方は?
  • 新天皇即位の一般参賀のアクセスは?
  • 新天皇即位の一般参賀の混雑状況は?
  • 新天皇即位の一般参賀のトイレは?
  • 新天皇即位の一般参賀は何時に並ぶ?

 

気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

 

新天皇即位の一般参賀

2019年5月1日に新天皇が即位されました。

そして新元号になって4日目の5月4日(土・みどりの日祝日)になんと一般の人の新天皇即位を祝う一般参賀が開催されることになりました。

一般参賀は当初、10月22日の「即位礼正殿の儀」後の10月26日に予定されていました。

しかし新天皇の即位日から近い方が望ましいなどの考えや多くの国民の前に姿を見せられるゴールデンウイーク連休期間中が良いだろうという判断からということです。

そして皇嗣となる秋篠宮さま、紀子さまをはじめ皇族方は参加されます。

この一般参賀には4月30日にご退位された上皇さまと上皇后さまは参加されない見込みだということです。

 

⇨⇨⇨天皇陛下退位|退室直前の最後の一礼が感動的で泣ける!動画・お言葉

⇨⇨⇨生前退位後の上皇・上皇后は何をなさるの?もう会えない?お住まい・活動!

 

スポンサーリンク

新天皇即位|一般参賀の行き方!何時に並ぶ?

新天皇即位の一般参賀は2019年5月4日に行われます。日本中がお祝いムードに包まれていますね!

  • 参入時刻:午前9時30分~午後2時30分

 

お出まし予定:

  • 第3回までは,天皇皇后両陛下,秋篠宮皇嗣同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
  • 第4回以降は,天皇皇后両陛下,秋篠宮皇嗣同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下

 

  • 第1回 午前10時00分頃
  • 第2回 午前11時00分頃
  • 第3回 正午頃
  • 第4回 午後1時00分頃
  • 第5回 午後2時00分頃
  • 第6回 午後3時00分頃

このようになっています。

全6回のお出ましは前半と後半で参加する皇族の顔ぶれが異なることにも注意が必要ですね。

 

参入門の閉門時刻は午後2時30分となっているようです。

入門する際に手荷物検査等が行われます。なので時間には十分な余裕を持ってお出かけした方が良さそうですね。

参賀者多数の場合は皇居前広場から正門(二重橋)までに2時間以上かかる場合があるようです。

かなりの時間がかかります。

前日(5月3日)の夕方及び当日(5月4日)の未明から,皇居外苑付近に整列することは御遠慮願います。

 

引用:宮内庁ホームページ

宮内庁のホームページを見てみると、「徹夜で並ぶな!」というニュアンスのことが書かれています。

10時過ぎからの参賀開始でも宮内庁警察の警備は早朝4時ごろから始まるようです。

徹夜で並ぶなということにはなっていますが、人によっては前の日から準備している人もいるようです。ルールはちゃんと守りましょうね。

徹夜したとしても、参賀の順番待ちの列はその警備が始まるころからやっと並べるといわれています。

皇居敷地内に入ってからはセキュリティチェックがありますので、早めに行った方が無難でしょうね。

 

もし前方で参賀に参列したいなら遅くても朝6時までに並んでいた方が良さそうです。

そして参加するだけで良いなら朝8時くらいまでには並ぶのがベターでしょう。

スポンサーリンク

新天皇即位|一般参賀の行き方!アクセス!

新天皇即位の一般参賀の行き方・アクセスはどのようなルートなのでしょうか。

 

  • 参入門:皇居正門(二重橋)
  • 退出門:坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん),乾門

 

参賀者は皇居正門(二重橋)から参入して、宮殿前の東庭に入ります。

正門以外からは入れないので注意が必要です。

東京駅から皇居に続く行幸通りには、一般参賀に参加するの人の列が作られます。

最寄り駅はたくさんあります。しかし参賀の列ができ始めた時間になると駅の出入り口が閉鎖されることもあるようです。

遅めの時間に行った場合は、駅の出入口が閉鎖されている可能性があって、遠回りしてから駅から地上に出なければならなくなることもあるので注意が必要ですね。

【最寄駅】 
・地下鉄千代田線「二重橋前駅」「大手町駅」「日比谷駅」「霞ヶ関駅」
・地下鉄三田線「大手町駅」「日比谷駅」
・地下鉄丸の内線「大手町駅」「東京駅」「霞ヶ関駅」
・地下鉄半蔵門線「大手町駅」
・地下鉄東西線「大手町駅」
・地下鉄有楽町線「有楽町駅」「桜田門駅」
・JR「東京駅」「有楽町駅」

 

スポンサーリンク

新天皇即位|一般参賀の行き方!混雑状況!

新天皇即位の一般参賀が行われる5月4日はゴールデンウイーク10連休ですし、かなりの混雑が予想されています。

人によってはおそらく前の日から並ぶかもしれません。でもこれはマナー違反です。

そしてちなみに・・・12月23日の一般参賀では午前6時台で500人ほどの人がすでに並んでいたという話もありました。

上皇ご夫妻が在位中最後となった平成31年の新年一般参賀では午前5時の時点ですでに2000人の人の列ができていたということです。

この新年一般参賀には15万4800人が参加したといわれています。

皇居内に入れたものの参賀に間に合わなかった人がいたため、急きょ2回増やしました。

今回の新天皇即位の一般参賀も混雑が予想されていて皇居前広場から正門までに2時間以上かかる可能性もあるということです。

早め早めに並んだ方が無難ですね。

待ち時間は8時に皇居周辺駅の駅に着いたとして、参賀に参列できるまで2時間以上はみておいた方がいいようです。

3時間以上かかる可能性も十分あるともいわれています。

参賀者はかならずセキュリティチェックがあり、金属探知機でボディチェックもあります。
大きな荷物は持ち込めないため預けることになります。

自撮り棒は禁止です。もし取り出したらその場から宮内庁警察に本当に排除されるようです。

そして、キャリーバックなどの大きな荷物は基本持ち込めません。

駅のコインロッカーなどに預けてから行った方がいいですね。

飲み物はセキュリティチェックの際に一口飲んで危険物でない事を確認させられます。

手荷物がない人は「手荷物NOチェック」のレーンを通り抜ける事が出来ますのでその分早く長和殿に向かう事が出来ます。

荷物は少なめにした方が待ち時間の短縮にもなりますし良さそうですね。

スポンサーリンク

新天皇即位|一般参賀の行き方!トイレ!

一般参賀のときは基本「トイレは行けないもの」と思った方が良いです。皇居周辺にはトイレはありません。

トイレはボディチェックを受けたあとに仮設トイレがありますが、待ち時間は30分以上かかることもあります。

そして一度列に並ぶと仮設トイレに行くには、その列を外れなければなりません。そして参賀の列を離れると並び直さないといけなくなります。

周辺の駅のトイレも場所によってはかなり混雑して並ばなければならないかもしれません。

 

並ぶ時間も考えてあまり水分を取らないようにして必ず前もってトイレに入ってきた方がいいです。

待ち時間が長くなることが予想されますのでアメとか持っていくといいかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

新天皇即位|一般参賀の行き方!注意点!

一般参賀は、決められた時間になると長和殿テラス奥の扉が開いて陛下ら皇族がお出ましになります。

手を振られた後に陛下があいさつされます。

その後再び手を振られて退出されます。

開始から終了までは数分くらいの予定でその後は次の回まで広場にいる参加者の入れ替えが行われます。

 

⇨⇨⇨新天皇即位|一般参賀のおすすめのお土産!場所は?

 

新天皇即位の一般参賀の駐車場!

一般参賀では駐車場は用意されていません

皇居周辺の道路は駐停車禁止となっていて、当日は近くの駐車場もかなりの混雑が予想されます。

当日は、電車などの公共交通機関を利用してお出かけした方がいいですね。

もしくは運動がてら歩いて行くのがおすすめです。いい運動になりそうですね。

新天皇即位の一般参賀の国旗は!

一般参賀で参加者が振っている国旗は入場前にもらうことができます。

皇居前広場の近くに行くと緑色の帽子をかぶった人たちが国旗を配布しています。

これは一般社団法人国旗協会が行っているものでボランティアで行われています。

スポンサーリンク

新天皇即位の一般参賀の服装!

一般参賀の服装も迷いますよね!

着物とかそれなりにきちんとした服装でないといけないのかなあといろいろと考えてしまいますよね。

服装に関しては特にこれといった決まりはないようです。

着物やスーツなど正装で来る人も、もちろんいらっしゃいますが、長和殿に向かうまでの皇居周辺は砂利道なので砂ぼこりが舞い上がってすごい状態になります。

新天皇即位の一般参賀は5月なのでちょうど程よい気候ですので、服装は身軽な格好でも行けそうですね。

平服で全然OKです。砂利道なので靴も服もかなり汚れることが予想されます。

 

皇居内には坂道などがあり,雑踏による転倒事故も考えられますので,履物には十分御注意ください。特に,ハイヒール,下駄ばきなどの方は御注意ください。

引用:宮内庁のホームページ

 

宮内庁のホームページを見ると、ハイヒールや下駄は禁止となっていますね。

スニーカーなどの歩きやすい靴で行ったほうが良さそうです。

そして、砂ぼこりなどが気になる方はマスクをしてお出かけした方が良さそうですね。

またセキュリティチェックが終わった後の皇居正門とお目見えする長和殿での待ち時間はちょうど日差しが当たります。紫外線対策が必須です。

熱中症対策として、帽子をかぶって行った方がいいでしょうね。

あと、日焼けが気になる方は日焼け止めは必須ですよ!そしてサングラスがあれば便利でしょうね。ただし日傘はダメです。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.