兼高かおるが生涯独身を貫いた理由は?世界の旅で150カ国以上!

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

兼高かおるさんは人気番組だった「兼高かおる世界の旅」で有名ですよね。兼高かおるさんがお亡くなりになりました。90歳でした。

その兼高かおるさんの訃報が入ってきて、悲しみの声が広がっています。

女性として、海外旅行行く人がまだ少ない時代、兼高かおるさんは草分け的な存在でした。

兼高かおるさんはどんな方なのかチェックしていきます。

スポンサーリンク

兼高かおるプロフィール

本名:兼高ローズ

生年月日:1928年2月29日

出身地:兵庫県神戸市

出身校:ロサンゼルス市立大学

1958年に世界一周の所要時間、約73時間で世界新記録を樹立しました。この記録はプロペラ機による最速記録です。(それまでの世界記録は89時間でした)

その後、ジェット機時代になったためこの世界記録は破られていません。

そして、一般女性としては、初めて南極点に到達しました。

1959年から1990年まで31年間「兼高かおる世界の旅」(TBS系)のナレーター、ディレクター兼プロデューサーを務めていました。

取材では「石油の採掘権」というなんとも豪快な贈り物をもらったり、「無人島」をもらったそうです。

贈り物とかお土産とかいう範囲を超えていますよね。

そして1991年には紫綬褒章を受章されました。

著書には「私が好きな世界の街」、「わたくしが旅から学んだこと」など多数あります。

スポンサーリンク

「わたくしが旅から学んだこと」を読んだ感想

わたしは、兼高かおるさんの「わたくしが旅から学んだこと」という本を読んだことがあります。

この本の中で印象的な言葉があります。

人生

最初の3分の1は、あとで世の中の役に立つようなことを習う。

次の3分の1は、世のため、人のために尽くす。

残りの3分の1は、自分で好きなように使う。

きっちり3分の1ずつとはいかないまでも、わたくしは人生をこのような三分割で考えています。

このうちどれが欠けても、この世に送り込まれた理由、価値がないと。

(出典:わたくしが旅から学んだこと 兼高かおる)

わたし自身、銀行を退職しようかどうしようか人生に迷っていた時期に、この本を本ですうっと心が軽くなったんです。

わたしの人生に影響を与えてくれた兼高かおるさんに、心から感謝しています。

スポンサーリンク

今まで行った国は150カ国以上!

人気番組「兼高かおる世界の旅」(TBS系)のナレーター、ディレクター兼プロデューサーでした。

この番組は1959年から1990年まで、31年間も続いた長寿番組でした。

兼高かおるさんは一人で何役もこなしていらっしゃったんですね!

兼高かおるさんは、1年の半分以上を海外取材に費やしていらっしゃいました。

取材国は約150カ国、地球約180周分です。

海外旅行がまだまだ一般的ではない時代に兼高かおるさんは、まさに草分け的な存在です。

日本人に海外旅行が広がるために兼高かおるさんの影響はとても大きかったでしょうね。

女性の社会進出の先駆けでした。女性のあこがれの存在です。

わたしの海外旅行の記事はこちら⇒⇒⇒海外旅行今まで行った国は12カ国!今後の旅行の計画は?

番組で出会った世界のセレブ達

  • イギリスのチャールズ皇太子
  • アメリカのケネディ大統領(当時)
  • スペインの画家のサルバドール・ダリ
  • スウェーデンの世界的テニスプレイヤーのビヨン・ボルグ

そうそうたる顔ぶれですね!

旅のスケールが大きすぎて想像するだけでも楽しい気持ちになります。

スポンサーリンク

生涯独身を貫いた理由は?

兼高かおるさんは、1年の半分以上、世界中を飛び回っていました。

仕事と結婚の両立は無理だと思っていたようです。

わたくしのだんなさまは「世界の旅」でした

兼高かおるさんはこのような表現をされています。

「世界の旅」という仕事に恵まれて、結婚せずに仕事を続けて世の中に尽くすというお考えをもっておられました。

結婚しない運命だったとおっしゃっています。

最近はいろいろな生き方があって、「結婚しない」という選択肢を選ぶ人も少なくないですよね。

兼高かおるさんの時代はまだまだこのような価値観はかなり先駆的で斬新だったでしょうね!

それでも兼高かおるさんはご自分の価値観を大切になさって、仕事を続けることによって自分の意思を貫き通したのだと思います。

すばらしい生き方ですね!

スポンサーリンク

まとめ

兼高かおるさんは「旅こそが主役を演じる舞台」だとおっしゃっています。

わたしは、海外旅行が好きなので、海外経験が豊富で、視野が広い兼高かおるさんを心から尊敬します。

最近やっと女性の活躍がいろいろといわれているなかで兼高かおるさんは女性の社会進出の先駆者的な存在です。

兼高かおるさんのような素敵な方をぜひ参考にしていきたいものです。

ご冥福をお祈りいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.