小池百合子の若い頃・あざ・化粧品・結婚は?バンクシーは?

2019/01/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

小池百合子東京都知事。

女性として第一線で活躍していらっしゃいます。

小池百合子都知事の発言とか行動は何かと注目される事が多いですよね。

最近はバンクシーのねずみの絵を巡って話題になっていました。

ゆりかもめ日の出駅近くでバンクシーが描いたものと思われるねずみの絵が見つかりました。

小池百合子都知事が、バンクシーが描いたとされるねずみの絵と並んでいる写真をツイッターで投稿していたからです。

その小池百合子知事について、気になりますよね。

それでは、みていきましょう。

スポンサーリンク

小池百合子の経歴

  • 名前:小池百合子(こいけ ゆりこ)
  • 生年月日:1952年7月15日
  • 出身地:兵庫県芦屋市
  • 出身校:関西学院大学社会学部中退・カイロ大学文学部卒業

カイロ大学ってとても珍しい学歴ですよね。

小池百合子さんは、アラビア語が堪能です。

なぜ、アラビア語を勉強しようと思ったかというと、「国際連合の公用語にアラビア語が加わる」という新聞記事を見て決意したといわれています。

ものすごい行動力ですよね。同じ女性として尊敬します。

もうすでに、このころから小池百合子さんは先見の明があったのでしょうね。

時代の流れを見極めるというのは、とても難しいことです。

みんながやっていないことをやるというのも、とても勇気のいることだと思います。

英語は勉強している人が多いので、勉強している人があまり多くない言語をやりたいと思ったとのことです。

確かに、アラビア語だと勉強している日本人は少ないので、必要とされれば引っ張りだこになりそうですよね。

小池百合子さんは、アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、政治家になっていらっしゃいます。

元衆議院議員、環境大臣、防衛大臣を務めていらっしゃいます。

華々しい経歴ですよね。

今後のご活躍もぜひ応援していきたいものです。

スポンサーリンク

結婚は?

小池百合子さんの気になる結婚についてです。

エジプトにいたとき、小池百合子さんは21歳のとき結婚しています。

お相手は同じくエジプトに留学していた日本人留学生であった一般男性です。

日本から遠く離れた異国の地で、慣れない生活の中で同じ留学生という境遇で結婚まで至ったのですね。

なんだかロマンティックなシチュエーションです。

子どもはいたのか、調べてみましたが子どもがいたという情報は出てきませんでした。

その後お二人はすぐ離婚しています。

この結婚歴について、小池百合子さんはあまり触れることはありません。

触れてほしくない過去なのかもしれませんね。

その後、小池百合子さんは結婚したり子どもがいるという情報はありません。

お仕事に邁進されているといった感じでしょうかね。

ずいぶんお忙しいことと思います。

スポンサーリンク

あざ

選挙のとき石原慎太郎さんが小池百合子さんを批判したとき「大年増の厚化粧」と発言して、その後大バッシングを受けていました。

ホント、失礼な発言ですよね。

女性としては許せない発言です。

小池百合子さんは「顔に生まれつきあざがあるので医療用のものを使っています。そういったことをご存じないのでは。」と厚化粧について反論していました。

余裕のある返しですよね。

さすがとしか言いようがありません。

そのあざはどこにあるのか、パッと見ではわかりませんよね。

調べてみると、「あざは右目の下の頬のあたり」 

にあるそうです。

そういわれてみても、ぜんぜんわかりませんよね。

年を重ねるごとに年々あざは薄くなってきているようです。

このあざを治療するために、幼いころ大学病院に通って特殊な治療を受けていたといわれています。

でも、その治療は幼い子どもにとっては悪い影響が心配されたので途中で治療は止めています。

スポンサーリンク

化粧品は?

あざの影響もあって、小池百合子さんは化粧通としても知られています。

あざのコンプレックスもあって、学生時代は周りの同級生よりも化粧を始めるのが早かったようです。

小池百合子さんは医療用のファンデーションを使っていると言っています。

では一体どのファンデーションを使っているのでしょうか。

気になるところです。

小池百合子さんは「カバーマーク」という医療用のファンデーションを使っていると言われています。

SPF50のUVカットのものを使っているそうです。

あざのある人に対して、「厚化粧」という発言はとても傷つきますし、ひどいですね。

それにしても、小池百合子さんは余裕の切り返しをしているところを見ると、ホント強い方なんだなあとしみじみ思います。

負けないでほしいです。

スポンサーリンク

バンクシー

東京港区のゆりかもめ日の出駅近くで、バンクシーが描いたと思われるねずみの絵がありました。

わたし実は就活をしていたときに、このゆりかもめの日の出駅近くのホテルに宿泊したことがあって、この日の出駅も利用したことがあります。

ホテルと日の出駅の間を2往復くらいしたのです。

そのときは、当然バンクシーが描いたねずみの絵があるとは思わないので素通りしてしまい、その存在は全くわかりませんでした。

「あの日の出駅近くでバンクシーが描いた絵があったんだ~」となんとも不思議な気持ちになりました。

ねずみの絵は何を意味しているのでしょうか。

専門家によるとこのねずみの絵は本物である可能性が高いということです。

この絵の価値は、億単位になってもおかしくないといわれています。

東京都はこの扉部分だけ取り外して、今は倉庫で保管しているとのことです。

今後の展開が気になりますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.