メーガン妃が嫌われる理由はなぜ?イギリスでの評判は!手つなぎ!

2019/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

メーガン妃が嫌われる理由がなにかと注目されていますね。イギリスでの評判はよくないようです。

イギリス王室に入る前にはアメリカで女優をやっていたこともあってメーガン妃はなにかと大きな話題となっています。

メーガン妃への評価には好意的なものからそうでないものもあります。

  • メーガン妃が嫌われる理由は?なぜ?
  • メーガン妃のイギリスでの評判は?

気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

メーガン妃が嫌われる理由!離婚歴がある!

メーガン妃には離婚歴があります。

アメリカで女優をしていたときに、仕事で知り合った映画プロデューサー・トレヴァ・エンゲルソンさんと結婚しています。

お二人は2004年から7年間の交際期間を経て2011年9月10日に結婚しています。

お二人の間に子供はいなかったといわれ、2013年5月に別居していて、その年の8月には離婚しています。

わずか2年足らずで離婚していることになりますね。

この離婚歴も大きな話題になっていましたね。

スポンサーリンク

メーガン妃が嫌われる理由!出生・生い立ち!

メーガン妃の生い立ちについて、貴族でもなく令嬢でもない一般家庭の生まれです。

故ダイアナ元妃は貴族出身で、キャサリン妃は良家の令嬢でした。

そしてメーガン妃はイギリス人でもないため、大きな話題になりましたね。

  • 父親:オランダ・アイルランド系白人
  • 母親:アフリカ系アメリカ人

つまり、メーガン妃は白人と黒人の血を受け継いでいるということになりますね。

ご両親は、メーガン妃が幼いころにすでに離婚しています。

そして、メーガン妃は母親のもとで育っています。

⇒⇒⇒メーガン妃はブサイク?性格がヤバい?髪の毛ボサボサ・子供時代!

メーガン妃の出生や生い立ちについて快く思っていない人たちが少なからずいるようですね。

アフリカ系アメリカ人の母・ドーリアさんとメーガン妃の2ショット写真がありました。

スポンサーリンク

メーガン妃が嫌われる理由!手をつなぐ!

メーガン妃は公務中であるにもかかわらず、ヘンリー王子とやたら手をつないでいるというイメージがあります。

イギリス王室では「手つなぎをしてはなりません!」という明確なルールがあるわけではないようです。

しかし!

公の場ですとか、公務のときにやたらめったら手をつなぐというのは・・・いかがなものかという意見も少なからずあるようですね。

人前でイチャイチャしちゃいけません!と注意する人も周りにはいないのでしょうね。笑

そして、ついに!メーガン妃がヘンリー王子に手つなぎを拒否られていたことが大きな話題となっていましたね。

スポンサーリンク

メーガン妃が嫌われる理由!脚を組んでいる!

メーガン妃はよく脚を組んでいる姿が印象的ですよね。

イギリス王室では「脚を組んじゃいけません!」という明確なルールはあるわけではないようです。

しかし脚を組むことはあまりいい印象はありませんね。

2018年6月28日に、エリザベス女王主催の「ヤング・リーダーズ・アワード」での授賞式に出席したときに、メーガン妃は脚をがっつり組んでしまいました。

そのことが大きな話題になったのです。

お洋服はプラダの清楚なもので素敵なんですけどね・・・

写真を見ると、なんだかあまりいい印象はなく、むしろ態度がでかいような印象になってしまっていますね。

イギリス王室では、レディーが長時間座っていなくてはならない時にするダッチェス・ランドという膝下の足首で交差する座り方が良いとされているのですが。

メーガン妃の脚の組み方を見ていると、到底ロイヤルファミリーの一員とは思えませんね。

自覚が足りないのでしょうか?

https://spur.hpplus.jp/culture/celebritynews/201806/29/GHQXUUE/

スポンサーリンク

メーガン妃のイギリスでの評判は!

メーガン妃にはファンもいますが、逆にメーガン妃を快く思っていない人たちも少なからずいるようですね。

イギリス国民にとってはアメリカ人のメーガン妃は「新参者」で受け入れがたいのでしょうか。

  • メーガン妃は髪の毛がボサボサ!
  • メーガン妃は英国王室にふさわしくない!
  • メーガン妃は脚を組む姿が下品!

⇒⇒⇒メーガン妃のお腹に違和感・へこむ?お腹に手を当てすぎ!赤ちゃんは

メーガン妃については、あまり好意的な報道はなく、イギリスでの評判はよくないようですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.