令和は誰がいつ書いた?茂住修身の経歴・プロフィール!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されましたね。菅義偉官房長官が発表したときの書の字がとてもきれいだと話題になっています。

  • 令和は誰がいつ描いたの?
  • 茂住修身って誰?
  • 茂住修身の経歴は?
  • 茂住修身のプロフィールは?

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

新元号「令和」が発表!

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されましたね。

菅義偉官房長官が発表したときの書の字がとてもきれいだと話題になっています。

⇒⇒⇒菅義偉の実家はイチゴ農家?すごすぎる学歴・経歴・家族!【画像】

⇒⇒⇒カズレーザーの学歴は?本名は和令!銀行内定を辞退していた!

スポンサーリンク

令和は誰がいつ書いた?

新元号「令和」の発表の際には、菅義偉官房長官が書を掲げていましたよね。

「令和」を書いたとされているのが茂住修身さんという人です。

そして、新元号が決定したのは発表の直前であったといわれています。

新元号発表のスケジュール!

  • 9:30  有識者懇談会にて新元号について検討
  • 10:20 衆参両院の正副議長・全閣僚の意見を踏まえて新元号について検討
  • 11:15 新元号「令和」が決定!
  • 11:40 菅義偉官房長官が新元号「令和」を発表!

新元号「令和」が決定したのが11:15といわれていますので、その決定から発表までのわずかな時間で書を完成させなければならなかったのですね。

2019年3月29日に、茂住修身さんがリハーサルのために首相官邸を訪れていたことが報道されていました。

リハーサルがあったとはいえ、初めて書く書ですから、相当な緊張感とプレッシャーがあったことでしょう。

前もって新元号の令和が決定しているわけではありませんので、日本国民が注目する書を書くというのは責任重大な仕事ですね。

スポンサーリンク

令和を書いた茂住修身って誰?経歴・プロフィール!

新元号「令和」を書いた茂住修身さんとは一体どんな人なのでしょうか。

  • 名前:茂住修身(もずみ おさみ)
  • 生年月日:1956年生まれ
  • 出身地:岐阜県
  • 出身校:大東文化大学経済学部
  • 所属:内閣府大臣官房人事課辞令係
  • 役職:辞令専門官

この大東文化大学は日本で初めて「書道学科」を設立したことで有名なんだそう。

茂住修身さんが通っていたころはまだ「書道学科」は設立されていなかったようですが、書道部に所属していたようです。

辞令専門官は国家公務員で、字を書くことを専門にしています。

この辞令専門官は、通常の国家公務員試験で採用されるのではなくて、書道における高度な技術とと腕を持つ人が任命される役職だということです。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.