真藤順丈の大学・経歴・プロフィール!気になる結婚・子どもは?

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

今年も芥川龍之介賞と直木三十五賞の受賞作の発表がありました。

真藤順丈さんの「宝島」という作品が第160回直木三十五賞を受賞されました。

真藤順丈さんのお名前は、「しんどう じゅんじょう」さんとお読みします。

そして「宝島」は、アメリカ統治時代の沖縄を題材にした作品となっています。沖縄の歴史は、痛みと伴った悲しい時代もあるのが事実です。

この「宝島」という作品で直木賞を受賞された真藤順丈さんは一体どんな方なのでしょうか。

気になりますよね。

真藤順丈さんの大学・経歴・プロフィール、そして気になる結婚やお子さんについてチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

真藤順丈の経歴・プロフィール!

  • 名前:真藤順丈(しんどう じゅんじょう)
  • 生年月日:1977年11月3日
  • 出身地:東京都品川区

なんと、真藤順丈さんさんはお誕生日が手塚治虫と同じなのです!!手塚治虫さんのお誕生日は1928年11月3日です。

なんという偶然!お誕生日が同じだと運命を感じてしまいますよね!

真藤順丈さんさんご本人も、「自分は生まれ変わりなのかな?」と思ったという風にいわれています。

そりゃあ、そうでしょう!そう思うのも無理ありませんよね。

真藤順丈さんさん、手塚治虫さんとお誕生日が同じということで、運命的なものを感じでいたのでしょうね。

そして真藤順丈さんのおとうさんは政党機関誌の編集者でした。

でも子どものころは本よりも、ゲームや漫画の方に夢中だったようです。

大学に入学してから本の面白さに目覚めています。

「村上春樹」さんの「ねじまき鳥クロニクル」と「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」はあの分厚い上下巻の本を苦にならずに面白く読んでいます。

小説の世界はこんなにどっぷりはまることができるのかと思ったそうです。

たしかに村上春樹さんの小説は独得な世界観ですし、一度読んだらはまってしまいますよね。

その後、真藤順丈さんは小説を書き始めて、10作品ほど投稿していますがことごとく全部ダメでした。

真藤順丈さんのような方でもやはりそんな時代があったのですね。

当時は、電気やガスを止められてしまうほど貧乏だった極貧生活の時代があったそうです。

真藤順丈さんさんは30歳の時に

1年間で、毎月1作品を新人賞に応募して、それが全部ダメだったら小説家の道はあきらめる

と決心しました。

毎月1作品ってかなり速いペースで小説を書かなければとてもじゃないけど難しいレベルの話です。

もしダメだったら人生の方向転換をしようという意気込みで臨んでいます。

その結果、意を決して応募した作品はすべて新人賞を受賞するというとんでもない快挙を成し遂げたのです!

人間、追いつめられると一見無理だと思うことでも成し遂げられるものなのですね。夢があっていい話ですね。

何事もあきらめてはいけませんね。

真藤順丈さんが直木賞を受賞した瞬間をとらえた写真です。渋いですね!

スポンサーリンク

真藤順丈の受賞歴!

  • 2008年 「地図男」で第3回ダ・ヴィンチ賞大賞を受賞
  • 2008年 「庵堂三兄弟の聖域」で第15回日本ホラー小説大賞大賞受賞
  • 2008年 「東京ヴァンパイア・ファナンス」で第15回電撃小説大賞銀賞を受賞
  • 2008年 「RANK」で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞
  • 2018年 「宝島」で山田風太郎賞を受賞
  • 2018年 「宝島」で第160回直木三十五賞を受賞

この「宝島」という作品は真藤順丈さんが、代表作の中でも特に力を入れていて、情熱のすべてを注いで書き上げた作品であるといわれています。

「宝島」は完成までに7年もの歳月を費やしています。

 

7年もの歳月を費やしての作品、ずっとあたためてこられた大切な作品なのでしょうね。

スポンサーリンク

真藤順丈の出身大学は?

真藤順丈さんの出身大学について調べてみました。

すると、立教大学文学部

という情報が出てきました。

 

大学時代には映画を自主制作していましたが、映画というものはものすごくお金がかかるものです。

そのため、製作費が莫大にかかることがわかって資金面で断念してしまいます。

その後、小説家への道を歩まれていくのですね!

 

⇒⇒⇒上田岳弘の出身高校・大学や経歴・プロフィール!彼女はいるの?結婚は!

⇒⇒⇒町屋良平の経歴・プロフィール!彼女はいるの?結婚は!

 

スポンサーリンク

真藤順丈は結婚してる?

真藤順丈さんの結婚についての情報を調べたら、ご結婚されています。

そして「宝島」を書いている間に二人目のお子さんが生まれているという情報がありました。

真藤順丈さんはお子さんの保育園の送り迎えをされているなど「イクメン」として知られています。

お子さんにとっては、パパが保育園に迎えに来てくれると、とてもうれしいでしょうね。

自慢のパパですもんね。

小説家として、お忙しく執筆活動をしながら、お子さんの保育園の送り迎えもこなしていらっしゃってすばらしいパパですね!

もし、会社員のパパだとお子さんの保育園の送り迎えはスケジュールの都合もあって、なかなかできることではありませんもんね。

今後も執筆活動もイクメンとしての子育てもがんばってほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

第160回直木三十五賞を受賞された真藤順丈さんは、ご苦労された後の受賞だったのですね。

また、ご家庭では二児のパパということで、イクメンぶりも話題になるかもしれませんね。

意外な一面が垣間見れました。

 

「宝島」は沖縄を舞台にした小説で、アメリカ統治時代の沖縄が歩んできた歴史を感じることができる小説です。

直木賞や芥川龍之介賞の受賞作品は、本屋さんで山積みになることが多いですが人気すぎて売り切れることも多々ありますので、早めにチェックしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.