杉山愛・伊達公子のすごすぎる獲得賞金!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

大坂なおみ選手が全豪オープンで見事優勝!

そして、彼女は世界ランキング1位となりました。

すごすぎる快挙ですよね。

そのことで、最近テニスの獲得賞金が注目を集めています。

プロテニスプレイヤーは今までどれくらい多額の賞金をもらっているのでしょうか。

杉山愛・伊達公子は今までそれくらいの賞金をもらっているのでしょうか。セリーナ・ウィリアムズについても気になります。

いろいろ気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

全豪オープン2019の優勝賞金

全豪オープンの賞金についてシングルスの場合

  • 優勝賞金は 410万豪ドル(日本円でおよそ3億2000万円)
  • 準優勝でも205万豪ドル(日本円でおよそ1億6000万円)

いや~、優勝賞金ってこんなにもらえるんですね。

テニス選手は、チームを組んで戦っているとはいえ、試合は一人で行わなければなりません。

孤独との戦いもあります。

かなりの精神力がある選手じゃないと勝ち進んでいけませんよね。

大きな金額が毎年動いていることがわかります。

全豪オープン2018の賞金

ちなみに2018年の賞金についてシングルスの場合

  • 優勝賞金は400万豪ドル
  • 準優勝は200万豪ドル

2019年の賞金は2018年の賞金に比べるとほんの少しだけ高くなっていることがわかります。

でも豪ドルの為替レートが去年の方が良かったので、円に換算すると去年の方が高くなってしまうという結果になりました。

なので、あえて去年の賞金については円換算した金額は載せませんでした。笑

スポンサーリンク

獲得賞金が多いテニス選手

女子テニス選手の中で獲得賞金が多いのは

  • セリーナ・ウィリアムズ 8823万ドル(日本円でおよそ97億円)
  • ビーナス・ウィリアムズ 4093万ドル
  • マリア・シャラポワ    3835万ドル

このようになっています。

セリーナ・ウィリアムズがずば抜けて獲得賞金が多いのがわかりますよね。

100億円近くを稼いでいます。

日本で一番獲得賞金が多いのは

  • 杉山愛 812万(日本円でおよそ8億円)

伊達公子さんは全豪・全仏・全英で最高でベスト4までいっています。そして、日本円でおよそ4億円の獲得賞金であったといわれています。

今回大坂なおみが優勝したので、今までの獲得賞金は1062万ドル(日本円でおよそ11億円)になったといわれています。

なので、杉山愛さんを抜いて1位になったことになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

日本では、テニス選手といえば杉山愛さん・伊達公子さんのツートップでした。

その後はあまり力のあるテニス選手は育たなかったのですね。

アメリカでは、セリーナ・ウィリアムズなど強豪がひしめいていてまさにテニス選手にとっては環境が整っているのでしょう。

大坂なおみ選手が全豪オープンで悲願の優勝を果たして、世界ランキング1位となりました

今度も、大坂なおみ選手や杉山愛さん・伊達公子さんのようなすばらしいテニス選手が育ってくれればいいなあと思います。

今回、テニス選手の獲得賞金という、一番わかりやすい部分にスポット当ててみました。

興味を持つことって、初めのとっかかりが大事です。

獲得賞金からの興味でもいいので、すこしでもみなさんがテニスに興味を持ってくれたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.