イタリア旅行記!初の海外乗継でアクシデント発生!

2019/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

2015年5月30日(土)から8日間の日程でイタリアへ旅行へ行ったときの旅行記です。

人気の4都市と世界遺産ベローナ・世界遺産ピサもめぐる!!びっくりイタリア8日

という日本旅行のツアーに参加していきました。

初のイタリア旅行!またイタリアに行きたいと思えるような忘れられない、いい旅となりました。

では、イタリア旅行記をみていきましょう。

スポンサーリンク

イタリア観光の日程

全日程は8日間です。

1日目 成田発 イスタンブール経由 ミラノ着

2日目 ミラノ観光

3日目 ヴェネツィア観光

4日目 ピサ観光

5日目 ローマ観光

6日目 青の洞窟観光

7日目 ローマ発

8日目 成田着

 

移動日を考えると、イタリア観光は実質5日間でした。

この日程ですべてこなすには、かなりのハードスケジュールでした。

スポンサーリンク

トランジットはトルコ

ターキッシュエアラインズで成田発、トルコ・イスタンブールでトランジットしてミラノ着の予定でした。

わたしは、ヨーロッパ旅行では初の乗継便の利用でした。順調に乗継できればいいなあと心から願っていたのですが・・・

トランジットで予期せぬアクシデントが発生してしまいました!

10:05に成田空港を出発。TK0051便でイスタンブールへ。順調にイスタンブールに到着しました。

イスタンブールでのトランジットの待ち時間は約4時間。

外には出ずに、空港内で買い物をしたり、食事をしたりしながら待機することにしました。

が!

イスタンブールの空港で待ってそろそろ出発、となったとき、なんと、添乗員さんから「イスタンブール発ミラノ行きの飛行機は、4時間遅れで出発する予定となってしまいました!」

え~!!!

なんということでしょう!!!

ということは、イスタンブールでの待ち時間は計8時間!!!

初めから待ち時間が8時間だったら空港の外に出かけて、イスタンブール観光を楽しめたのかもしれませんが。追加で4時間待ちといわれましても・・・って感じでした。

他のツアー参加者の皆さんも、空港内で待機するとのこと。これをきっかけにツアーの他のみなさんともなかよくなれて、連帯感が!

航空会社からはお詫びとしてお食事券が配布されました。トルコのおやき風の食事が提供されました。

時差もありますから、もう眠気がMAXで、とても辛かったです。でも「負の先払いっていうしね!」 

というツアー参加者の方のポジティブな考えに支えられて、何とかイスタンブール発ミラノ行きの飛行機に乗りました。

機内では機内食が出ましたが、眠いし食欲ないし・・・

あまり食べる気分ではなかったのですが、

目の前にあれば食べますね。笑

そんなこんなで、真夜中の3時ころミラノに到着。それからホテルへ。バタンキューとはこういうことをいうのかというくらい、疲れ切ってしまいました。

なんとか無事にミラノにたどり着きました。

スポンサーリンク

海外便の乗継の注意点

海外旅行の際、直行便ではなく乗継便を利用することもあるかと思います。

トランジットするときに順調にスムーズにいけばいいのですが、今回のわたしのケースのように飛行機の出発が何時間も遅れることもあります。

乗継便のメリット

もう1カ国行く経験が増える!トランジット地の見聞を広げることができます。

時間があればトランジット地の観光をすることができます。

 

もし、空港の外へ出ることができるほどの時間がなくても、空港内でショッピングをしたり、食事をして楽しむことができ、有意義な時間を過ごすことができます。

乗継便のデメリット

飛行機の乗継がスムーズに進まないケースもあります。今回のわたしのケースのように待ち時間が大幅に増えてしまうこともあります。

そうなると、到着地での観光の時間が短くなってしまったり、深夜に到着してホテルであまり休むことができず、睡眠時間が削られてしまうという事態が起こることもあります。

 

海外旅行で乗継便を利用するときは、メリット・デメリットをちゃんと考えたうえで海外旅行のプランを立てていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2018 All Rights Reserved.