メラニアトランプ大統領夫人は不仲でかわいそう?コールガール?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

アメリカのトランプ大統領夫人であるメラニア・トランプ。

 

  • メラニア・トランプ夫人とトランプ大統領は不仲なの?
  • メラニア・トランプ夫人はかわいそう?
  • メラニア・トランプ夫人はコールガールだったの?

気になったので調べてみました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

 

メラニアトランプ大統領夫人!

メラニア・トランプとは一体どんな人なのでしょうか。

  • 名前:メラニア・トランプ(Melania Trump)
  • 生年月日:1970年4月26日
  • 出身地:旧ユーゴスラビア(現在のスロベニア)
  • 出身校:リュブリャナ大学中退

16歳まで旧ユーゴスラビアで過ごしました。

リュブリャナ大学を1年で中退した後にモデルとして活動しています。

18歳のときにモデルになろうと、イタリア・ミラノに行ってその後パリ、ニューヨークに行ってモデルとしての活動の場を広げていっています。

ドナルド・トランプ大統領と知り合ったのは1990年代でメラニア・トランプが28歳の時であったといわれています。

そして二人が結婚したのは2005年1月22日です。

結婚式にはドナルド・トランプが過去10回献金してきたヒラリー・クリントンとビル・クリントンのクリントン夫妻が主賓で出席しています。

そして2006年には息子のバロン・ウィリアム・トランプが生まれていてメラニアトランプはアメリカの国籍(市民権)を取得しました。

ファーストレディーとしては異色の存在であるといわれています。外国生まれ、外国育ち、モデル出身ということもあって異色ですね。

スポンサーリンク

メラニアトランプ大統領夫人は不仲?

トランプ大統領とメラニア・トランプはたびたび不仲説が報道されていますよね。

このお二人の不仲説が確信に変わる出来事が起こっています。

トランプ夫妻がホワイトハウスでマクロン大統領とブリジット夫人をお出迎えしていたときのことです。

トランプ大統領が妻のメラニア・トランプの手を握ろうとがんばっている瞬間がキャッチされてしまいました。笑

トランプ大統領がまずは小指でちょんちょんとメラニア・トランプの手を触れていることがわかります。

でもずっと無視を続けるメラニア夫人と、トランプ大統領はなんだか無理やり手を繋ぐことに成功しているように見えますね。

「メラニア夫人の人間関係のコツ」として「広いツバの帽子をかぶれば、夫は絶対にキスできない!」なんてジョークもあるようですね。

確かに広いツバの帽子をかぶっているのでキスしづらい感じが伝わってきますよね。

 

スポンサーリンク

メラニアトランプ大統領夫人はかわいそう?

メラニア・トランプは「ファーストレディなんかには絶対なりたくなかった」と考えていると報じられていて話題を集めていましたね。

夫が大統領候補になったことでプライベートなことが暴露されるのも嫌がったともいわれています。

ドナルド・トランプの大統領選中にはメラニア・トランプ若かりし頃(20代)のヌード写真が暴露され、アメリカ国民はあぜんとしていたともいわれています。

大統領候補夫人のヌードがさらされたのはメラニアさんが初めてですね。

 

そしてトランプ大統領の不倫報道に傷心とウワサされたりしています。

メラニア・トランプがフロリダ一人旅に行くなど、夫婦仲を勘ぐる話題がたびたび上っているようですね。

メラニア・トランプは「かわいそう」という声すら上がっているようです。

スポンサーリンク

メラニアトランプ大統領夫人はコールガールだった?

メラニア・トランプには「高級コールガール説」が報道されていました。

英紙デイリー・メールがメラニア・トランプの出身国スロベニアの雑誌報道を引用するかたちで、メラニア・トランプが1990年代に所属していたニューヨークのモデル事務所が、富裕層向けのサービスを提供していたとするうわさを報じたものです。

これに対して、メラニア・トランプ側は「報道内容は100パーセント事実に反する」として、この新聞社などに1億5000万ドル(約170億円)の賠償を求める訴えを起こしました。

この新聞社は、メラニア・トランプに対して300万ドルを支払ってホームページにて謝罪記事を掲載して、和解となりました。

メラニア・トランプは20代の90年代半ばに渡米して、ニューヨークのモデル事務所に所属していました。

この高級コールガール説は、所属事務所が富裕者向けのサービスを提供したとの情報が独り歩きしたものとみられています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元銀行員・ファイナンシャルプランナーです。 好きなもの 読書/海外旅行/美術館/アート/お花/フラワー/フラワーアレンジ/フラワーボックス/フラワーキャンドル/ハーバリウム/キャンドル/アロマ/猫 ねこ

Copyright© 元銀行員春華の賢く教養を広げる生活 , 2019 All Rights Reserved.